最近は海外のアニメばかりだったので、先取りの意味も込めてめずらしく国産へと目を向けようとしていました。


しかしながら勘違いされるのが嫌なので無難に『インサイド・ヘッド MovieNEX』で進行する事にします。一般の方ではなく、名の知れている方なので少し注意しなくてはならないでしょう。思った以上に強敵で生かすにはそれなりの器があればよいです。

使命感や正義感と言ったものを持った人に何かと説教されそうなので、現物に使い何かへと変化させなくてはなりません。こちらの説明不足も反映されているのは確かですが、考えるとか察すると言った機能が欠落していて、改善を求めるにも困難を極めます。

対して何か知りたい事が合ったらしいのですが、試合に夢中で忘れたそうです。巻き込まれそうなので追求する事はせず、探る事はやめて流していました。別の人から「遅すぎでは?」と言われてしまい、目が覚めた心境でしょう。